3/11_震災から5年。人類滅亡は来るか。

本日の結果は、前日比プラス105,500円でした。

160311.png



2011年3月11日に発生した東日本大震災から、5年が経過しました。

当時、私は人生で初めて大きな揺れを体験し、もうこの世は終わりかもしれないと本気で思いました。


たまたまこの地震のときは、人類は滅亡しませんでしたが、私はもうすぐ人類は滅亡すると思います。



↓↓↓↓その理由↓↓↓↓



地球には北極と南極があり、方位磁石のNは北極を、Sは南極の方角を指しますが、この位置関係が逆になって、北極がS、南極がNになってしまう現象を、磁場転換と呼んでおります。

(正式名称は、「地磁気逆転」だそうですが、私はこっちのほうが好きなのでこっちで書きます。)


研究結果によると、地球は過去に、百万年以上の周期で磁場転換を繰り返してきたそうです。

今現在は、たまたま北極がN極、南極がS極ってだけみたいです。


磁場転換が開始すると、SとNの磁場が入れ替わる最中に、SもNもない時間帯が訪れるらしいのです。

そのとき、地球を覆っているヴァン・アレン帯という、いわば地球のバリアーみたいなものが消失するらしいのです。
160309_van.png
(ヴァン・アレン帯)


そのとき、宇宙からの放射線などが大量に地球に降り注ぎ、地球上は大ダメージを受けるのだそうです。


その際、地球上の生物がどの程度影響を受けるかは分からないようですが、私は、人類をはじめとする高等生物はすべて死滅すると思っています。

微生物とか、ゴキブリとか、そういう強靭な生物だけは生き残るような気がします。



過去に恐竜が絶滅した原因は、氷河期が来たとか、巨大な隕石が衝突したとか、色々説がありますけど、私は、磁場転換が原因だったんじゃないかと思っています。



「もうすぐ人類が滅亡」とは言いましたが、長い宇宙の時間軸での「もうすぐ」ですので、我々にとっては結構遠い未来のことかもしれません。

どうせ滅亡するなら、せめて目標金額1億円を達成してから滅亡したいところです。



スポンサーサイト

No title

私はかつて、宇宙物理学を志して大学に入りましたので(途中で挫折しましたが)、こういう話は非常に興味深いです。
そうなんですよね、人類は今のままではいずれ確実に滅亡します。環境対策とかCO2とか、本当のところはどうでも良いレベルの話であって。

自分がもし、株式投資で大富豪になることがあったら、物理学や数学の振興にお金を使いたいと思っています。ただ、実際はお金云々ではなく人間の頭脳の問題かもしれません。現に、トップレベルの物理学者や数学者は経済的に不自由してなく、今現在も目一杯能力を活用出来ていますから。
まあ、それを真剣に考えるにはまだまだ先の話ですけど、たまには大所高所からものごとを考えてみると、今年の暴落なんて鼻糞程度の話に思えてきますよね。

Re: No title

HS様、コメントありがとうございます。

私のブログ上で、じわじわとHS様の素性が明らかになっていきますね(笑)

人類滅亡の瞬間てのは、どういう光景なんでしょうね。非常に興味があります。
徐々に滅亡するのか、一瞬にして昇華してしまうような感じなのか。

もしもヴァン・アレン帯が消失してしまうと、恐らく、地球上の電子機器は全部狂い始めると思います。
なぜなら、プログラムデータがすべて0または1、あるいは不定値に書き換わってしまうと思うからです。

そうなると、預貯金データやほふりの証券データも全部消滅してしまって、もう経済活動というか世界中のすべての活動が壊滅することになるでしょう。

今後もよろしくお願いいたします。

コメントの投稿

Secre

おすすめブログ
広告
最新コメント
ブログランキング
クリックで幸せにドメイン取得
クリックで幸せに資格取得
クリックで幸せにピアスを着けよう
本ブログへのアクセス元ランキング
相互リンク

30年で100万円を1億円に増やすという壮大な目標を立てるも、志半ばでブログ終了しました。(2016/10/18)


金より時間を大切にすべきというありがたい教えをいただきましたが、諸事情によりブログ閉鎖しました。(2015/7/23)


元麻雀&パチプロが、オンライン麻雀に全力投球しながら株式投資で1億円を目指しています。


粘り強く株式投資をされている、金持ちなイケメンバイオリニストです。


時々長期投資で時々毒舌な、結構投資暦が長いFP2級の主婦です。


フリー画像をふんだんに使い、面白おかしく自虐的に株式話を展開しています。

殿堂入り投資ブログ

個人投資家向けの長期投資手法を分かりやすく解説してくれる、株式投資の基本を学ぶ上で至高のブログです。読めばきっとあなたは、株式投資で確実に儲ける方法は長期投資と考えるようになり、ピーター・リンチの本を読みたくなるでしょう(笑)

(旧)エナフンさんの梨の木
こちらはエナフンさんの旧ブログです。併せてお読みいただくと、よりいっそう株式投資の知識が深まることでしょう。
運用資産推移と月別記事
口座残高 損益率 備考
2011年 2月 400万 ±0%
3月 160万 -60% 東日本大震災
2012年 6月 500万 ±0% 増資して再開
7月 500万 ±0%
8月 493万 -2%
9月 507万 +1%
10月 509万 +1%
11月 541万 +8%
12月 597万 +19%
2013年 1月 646万 +29%
2月 666万 +33%
3月 743万 +48%
4月 780万 +56%
5月 764万 +52%
6月 718万 +43%
7月 739万 +47%
8月 736万 +47%
9月 827万 +65% ブログ開始
10月 832万 +66%
11月 803万 +60%
12月 842万 +68%
年間 +245万 +41%
2014年 1月 860万 +72%
2月 870万 +74%
3月 885万 +77%
4月 885万 +77%
5月 908万 +81%
6月 990万 +98%
7月 1057万 +111% 2倍達成
8月 1071万 +114%
9月 1136万 +127%
10月 1267万 +153%
11月 1271万 +154%
12月 1313万 +162%
年間 +471万 +55%
2015年 1月 1466万 +193%
2月 1503万 +200% 3倍達成
3月 1537万 +207%
4月 1663万 +232%
5月 1637万 +227%
6月 1652万 +230%
7月 1775万 +255%
8月 1622万 +224% 中国ショック
9月 1665万 +233%
10月 1538万 +207%
11月 1616万 +223%
12月 1628万 +225%
年間 +315万 +24%
2016年 1月 1639万 +227%
2月 1571万 +214%
3月 1644万 +228%
4月 1625万 +225%
5月 1707万 +241%
6月 1609万 +221% 英EU離脱
7月 1572万 +214%
8月 1547万 +209%
9月 1644万 +228%
10月 1690万 +238%
11月 1689万 +237%
12月 1744万 +248%
年間 +116万 +7%
2017年 1月 1762万 +252%
2月 1795万 +259%
3月 1946万 +289%
4月 1872万 +274%
5月 1938万 +287%
6月 2049万 +309% 4倍達成
7月 2103万 +320%
8月 2354万 +370%
9月 2393万 +378%
10月 2517万 +403% 5倍達成
11月 2693万 +438%
12月 2823万 +464%
年間 +1079万 +61%
2018年 1月 3078万 +515% 6倍達成
2月 2745万 +449%
3月 3028万 +505%
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
年間 +204万 +7%
ブログ開始後の確定損益
【IPO以外】
銘柄 買付 売却 損益額 損益率
アサンテ 1,288 1,420 +26,400 +10.2%
桧家HD 1,424 1,262 -162,000 -11.4%
ALサービス 564 3,400 +2,836,000 +502.8%
物語コーポ 3,500 5,090 +159,000 +45.4%
【IPO】(こっちはブログ開始前から)
銘柄 買付 売却 損益額 損益率
チムニー 1,000 945 -5,500 -5.5%
ニュートンFC 3,320 3,065 -25,500 -7.7%
エラン 1,750 2,980 +123,000 +70.3%
弁護士.com 1,230 3,880 +265,000 +215.4%
Aiming 920 1,032 +11,200 +12.2%
インベスターズクラウド 1,870 3,615 +174,500 +93.3%
コメダ 1,960 1,867 -9,300 -4.7%
No.1 1,570 3,460 +189,000 +120.4%
ネットマーケティング 1,140 1,552 +41,200 +36.1%
RPA-HD 300株 3,570 14,280 +3,213,000 +300.0%
プロフィール

soba

Author:soba
株式投資で大金持ちになりましょう。


※当ブログは、特に管理人の許可なくリンクしていただいてかまいません。むしろしてください。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: