7/22_いなり寿司

本日の結果は、前日比マイナス117,400でした。

150722.png


今日の夕飯は、いなり寿司でした。

毎度思いますが、妻が作ってくれたいなり寿司は、この世で一番美味いいなり寿司だと思います。

特別美味いわけではなく、普通の味なんです。それがいいんです。



コンビニや回転寿司で食べるいなり寿司って、なんであんなに美味しくないのか、理解できません。

なんか独特な、濃すぎる味に思えます。

いなり業界では、あのような味に作る義務でもあるのでしょうか。



今日のネタは、ブログ上で文字で書いても、なんのことだかサッパリ伝わらないネタだと思いました。どうでもいいですが。



スポンサーサイト

いなりずし

自宅で作るいなりずしおいしいですよね。(妻でなく実家の母が作るやつですが。)わかります。

ごはんが冷えてないからかしら?全く別ものですよね。

うちの場合、ミートソースもパスタ屋で食べるよりおいしく出来るメニューのひとつです。

まあ、文字で書いても伝わらないですが。

Re: いなりずし

9086様、コメントありがとうございます。

ミートソースもそうですね。わかります。
レトルトカレーもそういう系な気がします。
なんか市販のやつって独特な味なんですよね。改善する気はないんでしょうかね。

今後もよろしくお願いいたします。

No title

家で作ると、作りたてを食べるからおいしいのではないでしょうか?
出来立ての時は、あげの甘味辛味と酢飯の酸味がバランスを保ちながらお互いの持ち味を出していたのが、時間が経つと酢の酸味があげに移り、あげの塩味(醤油)が酢飯に移るので、
酢飯側は塩味と酸味の均衡が崩れて塩辛くなり、あげ側は酸味により塩味と甘味の均衡が崩れて甘味を弱めてしまうからかなあ、と思います。

レトルトカレーも確かにそうですね。これは具が少ないゆえに、ルーに溶け出す肉と野菜の旨味が不十分だからかなあ、と思っています。翌日のカレーが美味しいのも、肉と野菜の旨味がルーに溶けて熟成されるからと言われますし。
あと個人的には焼豚も市販品は美味しくないと思います。保存を効かせるために水分(肉汁)を排除して味付けも濃くしているためか、ジューシーさと柔らかさが犠牲になり、醤油味のハムみたいですね。ラーメン屋で食べるか自作するのが一番ですね。

長々と能書きをすみません。文字だけではなかなか伝わらないかもしれませんが。

Re: No title

HS様、コメントありがとうございます。

文字では伝えるのが難しいコメントだとは思いますが、並々ならぬ熱意を感じます。ありがとうございます。

妻の作ってくれたいなり寿司は、翌日にレンジでチンして食べても美味かったので、きっと、出来立てかどうかは原因じゃないと思います。失礼ながら。
ただ単に、美味しく作る努力をしていないだけだと思います。

結局のところ、高い金を払ってまずいものを食うのではなく、安く自作して美味しいものを食べるほうが、あらゆる面からして有意義ですね。

今後もよろしくお願いいたします。

No title

なるほど、翌日もおいしかったんですね。
出しゃばって首を突っ込んですみません。
味について科学的に分析して能書きを垂れる事が好きなもので、つい。
自作は安くて美味しいものが食べられて、しかも作るプロセスを楽しめますので、節約家にとっては最高の嗜みだと思います。
久々にいなり寿司を作りたくなってきました。

Re: No title

HS様、コメントありがとうございます。

節約家は、作れるものは何でも自作ですね。作る作業自体が楽しいですし。

今後も懲りずに、どしどし科学的なコメントをお願いします。

今後もよろしくお願いいたします。

コメントの投稿

Secre

おすすめブログ
最新コメント
ブログランキング
クリックで幸せにドメイン取得
クリックで幸せに資格取得
クリックで幸せにピアスを着けよう
クリックで幸せになれるラブコスメ
本ブログへのアクセス元ランキング
相互リンク

30年で100万円を1億円に増やすという壮大な目標を立てるも、志半ばでブログ終了しました。(2016/10/18)


金より時間を大切にすべきというありがたい教えをいただきましたが、諸事情によりブログ閉鎖しました。(2015/7/23)


元麻雀&パチプロが、オンライン麻雀に全力投球しながら株式投資で1億円を目指しています。


粘り強く株式投資をされている、金持ちなイケメンバイオリニストです。


時々長期投資で時々毒舌な、結構投資暦が長いFP2級の主婦です。


フリー画像をふんだんに使い、面白おかしく自虐的に株式話を展開しています。

殿堂入り投資ブログ

個人投資家向けの長期投資手法を分かりやすく解説してくれる、株式投資の基本を学ぶ上で至高のブログです。読めばきっとあなたは、株式投資で確実に儲ける方法は長期投資と考えるようになり、ピーター・リンチの本を読みたくなるでしょう(笑)

(旧)エナフンさんの梨の木
こちらはエナフンさんの旧ブログです。併せてお読みいただくと、よりいっそう株式投資の知識が深まることでしょう。
運用資産推移と月別記事
【2011年】
2月  400万円 /±0%
3月  160万円 /-60% (退場)

【2012年】
6月  500万円 /±0% (再開)
7月  500万円 /±0%
8月  493万円 /-2%
9月  507万円 /+1%
10月 509万円 /+1%
11月 541万円 /+8%
12月 597万円 /+19%

【2013年】
1月  646万円 /+29%
2月  666万円 /+33%
3月  743万円 /+48%
4月  780万円 /+56%
5月  764万円 /+52%
6月  718万円 /+43%
7月  739万円 /+47%
8月  736万円 /+47%
9月  827万円 /+65%※ブログ開始
10月 832万円 /+66%
11月 803万円 /+60%
12月 842万円 /+68%
(年間損益+245万円/年利+41%)

【2014年】
1月  860万円 /+72%
2月  870万円 /+74%
3月  885万円 /+77%
4月  885万円 /+77%
5月  908万円 /+81%
6月  990万円 /+98%
7月  1057万円/+111%
8月  1071万円/+114%
9月  1136万円/+127%
10月 1267万円/+153%
11月 1271万円/+154%
12月 1313万円/+162%
(年間損益+471万円/年利+55%)

【2015年】
1月  1466万円/+193%
2月  1503万円/+200%
3月  1537万円/+207%
4月  1663万円/+232%
5月  1637万円/+227%
6月  1652万円/+230%
7月  1775万円/+255%
8月  1622万円/+224%
9月  1665万円/+233%
10月 1538万円/+207%
11月 1616万円/+223%
12月 1628万円/+225%
(年間損益+315万円/年利+24%)

【2016年】
1月  1639万円/+227%
2月  1571万円/+214%
3月  1644万円/+228%
4月  1625万円/+225%
5月  1707万円/+241%
6月  1609万円/+221%
7月  1572万円/+214%
8月  1547万円/+209%
9月  1644万円/+228%
10月 1690万円/+238%
11月 1689万円/+237%
12月 1744万円/+248%
(年間損益+116万円/年利+7%)

【2017年】
1月  1762万円/+252%
2月  1795万円/+259%
3月  1946万円/+289%
4月  1872万円/+274%
5月  1938万円/+287%
6月  2049万円/+309%
7月  2103万円/+320%
8月  2354万円/+370%
9月  2393万円/+378%
(年間損益+648万円/年利+37%)

ブログ開始後の確定損益
【IPO以外】
銘柄 買付 売却 損益額 損益率
アサンテ 1,288 1,420 +26,400 +10.2%
桧家HD 1,424 1,262 -162,000 -11.4%
ALサービス 564 3,400 +2,836,000 +502.8%
物語コーポ 3,500 5,090 +159,000 +45.4%
【IPO】(こっちはブログ開始前から)
銘柄 買付 売却 損益額 損益率
チムニー 1,000 945 -5,500 -5.5%
ニュートンFC 3,320 3,065 -25,500 -7.7%
エラン 1,750 2,980 +123,000 +70.3%
弁護士.コム 1,230 3,880 +265,000 +215.4%
Aiming 920 1,032 +11,200 +12.2%
インベスタズC 1,870 3,615 +174,500 +93.3%
コメダ 1,960 1,867 -9,300 -4.7%
No.1 1,570 3,460 +189,000 +120.4%
ネトマケティング 1,140 1,552 +41,200 +36.1%
プロフィール

soba

Author:soba
株式投資で大金持ちになりましょう。


※当ブログは、特に管理人の許可なくリンクしていただいてかまいません。むしろしてください。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: