貸株サービスについて

なんとなく証券会社HPを見ていたら、

「貸株サービス」

なるものを見つけました。


はてさて、どんなサービスなんでしょうか。興味が沸いた私は、ちょっと調べてみることにしました。


【貸株サービスとは】
貸株サービスとは、お客様が保有している株式を当社に貸出すことで、銀行にお金を預ける(貸す)と利息がもらえるように、貸出した株式に応じた貸株金利を受け取ることができるサービスです。
当社はお客様から借り受けた株式を機関投資家が参加する「貸株市場」に貸出すことで貸株金利を受け取り、お客様へ貸株金利をお支払しております。


・・・なるほど。私が保有している銘柄を、証券会社に貸すんですか。それで、レンタル料みたいなのをもらえるんですね。

でも、どうせ私の保有銘柄なんて人気の無い銘柄ばかりだし、貸株の対象外なんでしょう?それと、レンタル料なんてすずめの涙くらいなんでしょう?どうせ銀行利子以下の超低金利なんだと思いますけど・・・


【対象銘柄】
当社の貸株サービス対象銘柄は国内金融商品取引所に上場している、ほぼ全ての銘柄です。

【適用金利一覧】

0.1%~(銘柄によって異なる)
参考:銀行定期預金金利:0.02%


・・・全銘柄が対象のようですし、最低金利でも0.1%のようです。

私の保有している株式全部を貸出した場合、約900万円分ありますから、年間で9千円くらいはもらえますね。金額にしてみると少ないですが、それでも銀行金利より高いです。

意外でした。これは結構使えるサービスかもしれません。

でも、株の所有権は証券会社に渡るわけですよ。それじゃ、配当金や、株主優待をもらえなくなるのではないでしょうかね。


【株主優待について】
当社では、優待の権利獲得日に自動的に権利を獲得する『優待権利自動取得サービス』をご用意しておりますので、サービスの設定をしておけば普段は貸株金利を受け取り、株主優待も獲得することができます。また、銘柄ごとに優待を取得するかしないかの設定が可能です。


【配当金について】
源泉税徴収後、配当金相当額として支払われます。その際は、当社証券総合口座へ自動的に入金されます。


・・・ちゃんと優待も配当(と同じ金額の支払い)も受け取れるじゃないですか。これはもう、申し込むの選択肢で決まりではないでしょうか。

いや、もう少し調査しましょう。メリットばかりのはずがありません。美味しい話にはきっとデメリットが潜んでいるものです。



【貸株サービスのリスク】

SBIのHPだと良く分かりませんでしたが、他のHPなどを見てみる限り、以下の2つがデメリットと考えられそうです。

①証券会社が倒産した場合に、株式が保護されない。

②配当金相当額が「雑所得」になる。


①については、そうそう無いことだとは思いますが、常日頃からSBI証券の経営状況を監視していれば回避は出来ると思います。

②は、私が考えるに、貸株サービス最大のデメリットだと思います。


通常、配当金は「配当所得」として源泉徴収され(税金が引かれ)、それで課税は完了し、私たちの手元へ入ります。

しかし、「雑所得」となると、年間20万円以上の場合には課税対象となりますので、もしも年間配当金(源泉徴収後)が20万円を超えた場合、源泉徴収されたにもかかわらず、雑所得として課税されそうです。(二重課税)

※これについては、私の推測です。もうちょっと調査が必要になります。


ちなみに私の2013年の配当金額は約10万円ですが、資産が増加すれば、年間配当20万円なんて普通に到達できるレベルですので、貸し株サービスをやったら逆に損することになります。



上記推測が正しいとして、これを回避するための策を思いつきました。


「配当金権利日のみ、貸し出しを一時停止する。」

「配当金相当額」ではなく、「配当金」として受け取ればいいのではないか、と考えました。


『優待権利自動取得サービス』というのがあると、上で書きましたが、これは株主優待権利日のみに適用されます。

配当金権利日が年1回で、かつ優待を実施している企業なら、特に何もせず、自動的に「配当金」として受け取れると思います。

優待を実施していない企業の場合、配当権利日に自力で貸し出しサービスを一時停止することで、「配当金」として受け取れると思います。

優待を実施していて、配当権利日が年2回の企業の場合、優待付き権利日は、上記のとおりで問題なく、配当金のみの権利日は、自力で貸し出しサービスを一時停止することで、「配当金」として受け取れると思います。


ややこしいなぁ・・・・でも、完璧な作戦だ・・・


※色々調べているうちに、「マネックス証券」でこんなサービスを見つけました。

~貸株サービスに配当金自動取得機能を追加


マネックス証券の「貸株サービス」に、新たに配当金自動取得機能が加わりました。

貸株サービスで株式を貸出し中の場合、企業からの配当金はもらえない代わりにマネックスから「配当金相当額(源泉徴収後の受取配当金と同額)」を受取れますが、この配当金相当額は税区分が「雑所得」となるため、確定申告をしても配当控除が受けられない難点がありました。

今回新登場の「配当金自動取得サービス」にお申込みいただくと、配当の権利確定時に当該銘柄を一時的に貸株の対象から外す処理が自動で行われるため、普段は貸株金利を受取りながら、企業からの配当金も受取ることが可能となります。


せっかく私の考えた、「完璧な作戦」をマネックス証券は普通にやってくれているんですね・・・マネックス証券いいなぁ・・・SBIはこういうサービスないのかなぁ・・・


ひとまず、貸株サービスとやらに申し込んでみようと思います。


もし、貸株サービスを実施されている方がいましたら、ぜひとも情報提供をお願いします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

おすすめブログ
最新コメント
ブログランキング
クリックで幸せにドメイン取得
クリックで幸せに資格取得
クリックで幸せにピアスを着けよう
クリックで幸せになれるラブコスメ
本ブログへのアクセス元ランキング
相互リンク

30年で100万円を1億円に増やすという壮大な目標を立てるも、志半ばでブログ終了しました。(2016/10/18)


金より時間を大切にすべきというありがたい教えをいただきましたが、諸事情によりブログ閉鎖しました。(2015/7/23)


元麻雀&パチプロが、オンライン麻雀に全力投球しながら株式投資で1億円を目指しています。


粘り強く株式投資をされている、金持ちなイケメンバイオリニストです。


時々長期投資で時々毒舌な、結構投資暦が長いFP2級の主婦です。


フリー画像をふんだんに使い、面白おかしく自虐的に株式話を展開しています。

殿堂入り投資ブログ

個人投資家向けの長期投資手法を分かりやすく解説してくれる、株式投資の基本を学ぶ上で至高のブログです。読めばきっとあなたは、株式投資で確実に儲ける方法は長期投資と考えるようになり、ピーター・リンチの本を読みたくなるでしょう(笑)

(旧)エナフンさんの梨の木
こちらはエナフンさんの旧ブログです。併せてお読みいただくと、よりいっそう株式投資の知識が深まることでしょう。
運用資産推移と月別記事
【2011年】
2月  400万円 /±0%
3月  160万円 /-60% (退場)

【2012年】
6月  500万円 /±0% (再開)
7月  500万円 /±0%
8月  493万円 /-2%
9月  507万円 /+1%
10月 509万円 /+1%
11月 541万円 /+8%
12月 597万円 /+19%

【2013年】
1月  646万円 /+29%
2月  666万円 /+33%
3月  743万円 /+48%
4月  780万円 /+56%
5月  764万円 /+52%
6月  718万円 /+43%
7月  739万円 /+47%
8月  736万円 /+47%
9月  827万円 /+65%※ブログ開始
10月 832万円 /+66%
11月 803万円 /+60%
12月 842万円 /+68%
(年間損益+245万円/年利+41%)

【2014年】
1月  860万円 /+72%
2月  870万円 /+74%
3月  885万円 /+77%
4月  885万円 /+77%
5月  908万円 /+81%
6月  990万円 /+98%
7月  1057万円/+111%
8月  1071万円/+114%
9月  1136万円/+127%
10月 1267万円/+153%
11月 1271万円/+154%
12月 1313万円/+162%
(年間損益+471万円/年利+55%)

【2015年】
1月  1466万円/+193%
2月  1503万円/+200%
3月  1537万円/+207%
4月  1663万円/+232%
5月  1637万円/+227%
6月  1652万円/+230%
7月  1775万円/+255%
8月  1622万円/+224%
9月  1665万円/+233%
10月 1538万円/+207%
11月 1616万円/+223%
12月 1628万円/+225%
(年間損益+315万円/年利+24%)

【2016年】
1月  1639万円/+227%
2月  1571万円/+214%
3月  1644万円/+228%
4月  1625万円/+225%
5月  1707万円/+241%
6月  1609万円/+221%
7月  1572万円/+214%
8月  1547万円/+209%
9月  1644万円/+228%
10月 1690万円/+238%
11月 1689万円/+237%
12月 1744万円/+248%
(年間損益+116万円/年利+7%)

【2017年】
1月  1762万円/+252%
2月  1795万円/+259%
3月  1946万円/+289%
4月  1872万円/+274%
5月  1938万円/+287%
6月  2049万円/+309%
7月  2103万円/+320%
8月  2354万円/+370%
9月  2393万円/+378%
(年間損益+648万円/年利+37%)

ブログ開始後の確定損益
【IPO以外】
銘柄 買付 売却 損益額 損益率
アサンテ 1,288 1,420 +26,400 +10.2%
桧家HD 1,424 1,262 -162,000 -11.4%
ALサービス 564 3,400 +2,836,000 +502.8%
物語コーポ 3,500 5,090 +159,000 +45.4%
【IPO】(こっちはブログ開始前から)
銘柄 買付 売却 損益額 損益率
チムニー 1,000 945 -5,500 -5.5%
ニュートンFC 3,320 3,065 -25,500 -7.7%
エラン 1,750 2,980 +123,000 +70.3%
弁護士.コム 1,230 3,880 +265,000 +215.4%
Aiming 920 1,032 +11,200 +12.2%
インベスタズC 1,870 3,615 +174,500 +93.3%
コメダ 1,960 1,867 -9,300 -4.7%
No.1 1,570 3,460 +189,000 +120.4%
ネトマケティング 1,140 1,552 +41,200 +36.1%
プロフィール

soba

Author:soba
株式投資で大金持ちになりましょう。


※当ブログは、特に管理人の許可なくリンクしていただいてかまいません。むしろしてください。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: